About

NPO法人インビジブルとは

NPO法人インビジブルは、アートを軸にしたクリエイティブプレイス(Creative Place)です。
「invisible to visible(見えないものを可視化する)」をコンセプトに、アート、文化、クリエイティブの力を用いて、地域再生、都市開発、教育などさまざま領域におけるプロジェクトの企画運営や、アーティストの活動支援、アートプロジェクトの支援や運営人材の育成、それに伴うプロトタイプの研究に取り組みます。
「アート」は、さまざまな物事を紡ぎ合わせることで私たちの想像力を拡張させ、新たな視点で物事を考える機会を生む出すものです。そして、その拓かれた想像力と新たな価値観との出会いの中から、現代社会や企業、コミュニティが抱える課題解決の糸口が見つけられると私たちは考えています。
インビジブルは、人とアートや人と人とが出会う機会をつくるクリエイティブプレイスとしての役割を担いながら、今の時代に合ったカタチで、アートを社会の中に取り入れる必要性、そしてアートの可能性を信じ、多くの人とともに豊かな社会を作り上げることを目指しています。

私たちの価値観

私たちが大切にしたいこと、大切にしなければならないこと。インビジブルがプロジェクトを開発する上での判断基準となる3つの行動指針です。

■日常にこそアートがある
本来、創造性・想像力は誰もが持っているとても平等な能力です。だからこそ、アートがより日常生活の一部となるような活動をすることを大切にしています。

■アートを触媒に物事を計画する姿勢
社会における様々な課題を、既存の考え方への問いや固定観念を見直すきっかけとしてアートを触媒にした企画や活動を計画することが重要だと考えます。

■違いや個性の尊重とコミュニティ・エンゲージメント
私たちは、異なる資質・経験・能力をかけ合わせ、プロジェクトを開発するために、多様な関わり方、コミュニティエンゲージネメントの考え方や手法を取り入れコミュニケーションを設計しプロジェクトを展開しいきます。

私たちが定義するアートとはなにか
アートとは
バカバカしいほどの熱量をもって、一つのことを実現させていくこと
まだここにない価値や可能性を提示すること
対話の機会をつくること
日常の中にチャーミングな瞬間が生まれること
新たな視点で世の中に対峙すること
分からないことを分かろうとすること


 

About us

By leveraging the great potential of art, inVisible offers a creative locus, developing projects and giving expert consultation for community development, creative placemaking, education and other societal challenges.
Art is not a mere object to be appreciated or experienced. Art is a medium, a platform, an engineering force, to connect the otherwise disconnected, to expand the horizon of our imagination, and thus to offer an alternative perspective and possibility to think, do and be.
Through our projects, we aim to create a platform for encountering the other and the unfamiliar. These encounters might ‘distort’ our reality and what we think normal, and yet we believe that such distortion is indispensable for making uniquely positive changes to our society.
We are hoping that our projects and values will contribute to the development of a thriving art ecology that offers every one of us the chance to enjoy, participate, challenge and create.

Principles

What are our principles? What we think we should value? Through the application of three principles, inVisible continues to provide opportunities to make the invisible visible.

■Art in Everyone & Everyday
Every one of us is equally creative and imaginative, and thus is an artist in his or her own way. Our projects ensure that art will be part of our lives, and nurture our creativity and imagination.

■Mind of Art Intervention
Art challenges, distorts, and questions the existing modalities of thinking, doing and being. We make sure that our projects reflect the great potential of art and encourage people to critically engage with presumptions and axioms.

■Respecting differences and Community Engagement
We all have different endowments, experiences, and capabilities. For our project development and project management, it is central to recognize and accommodate individual differences, and to leverage and maximise the potential of the individual and the collective through the application of appropriate community engagement methods.

How do we define Art?
Art is
Action to pursue and realize something with incredible determination and zest
Catalyst for alternative values and possibilities
Platform to create opportunities for real conversations
to birth charming moments in everyday life
to confront / face the world from a new perspective
to go on a journey to know the unknown with a will

 


法人情報

名称
NPO法人インビジブル

設立
2015年7月8日

役員
理事長:林 曉甫(マネージング・ディレクター)
理事:菊池宏子(クリエイティブ・ディレクター)
理事:石川聡子(事務局長)
監事:加藤轍生(一般財団法人World in Asia 代表理事)

事業内容
1. ラボ事業
アーティストやデザイナー及び当事者、実践者と共に、教育、医療、まちづくり、観光開発などの領域において新たな課題解決手法の開発に取り組む。
2. 中間支援事業
行政・NPO・企業とのパートナーシップによるアートプロジェクトの持続可能性とエンゲージメントを強化する。
3. その他目的を達成するために必要な事業

所在地