問ひ屋プロジェクト

「問ひ屋プロジェクト」は、日本で最初の卸商業団地「高崎問屋街」50周年記念事業の一環として生まれた、アーティストと問屋街の人々の間で生まれた対話や信頼関係を基に築きあげる、プロセスを重視した参加型アートプロジェクトです。

鎌倉時代に起源を持つ「問ひ屋」。それは、売り手、買い手の間でその問いかけを積み重ね、解決させて成り立つ商いであり、問屋(とんや)は、問い屋(といや・とひや)が江戸時代になって転じた言葉です。私たちは、問屋という言葉の成り立ちを参照しつつ、「問い」という行為がきっかけとなり新たな価値を創造することこそが未来の資産になるという思いを込めて「問ひ屋プロジェクト」と名付け、プロジェクトを展開しています。

問ひ屋プロジェクト
日 時  :2017年7月〜
場 所  :高崎問屋町各所



Relight Project

Relight Projectは、2015年3月まで行われていた「光の蘇生プロジェクト」を引き継ぎ、2015年4月より東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)と共に取り組んでいるアートプロジェクトです。

本プロジェクトは、東日本大震災の発生から2日後の3月13日、震災による犠牲者への鎮魂の意を込め、作者である宮島達男自身の手で消灯された東京を代表するパブリックアート『Counter Void』を人々の心に問いと気付きを生み出すシンボルとして再点灯させると同時に、未来の生き方や人間のあり方を考えるプラットフォームを目指し活動をスタートしました。

2016年4月からは、『Counter Void』の再点灯を行う「Relight Days」の実施と、アートと社会について従来の定義や枠組みを超えた対話を重ねながら、具体的な行動を生み出す「社会彫刻家」の輩出を目指した学びの場「Relight Committee」に取り組んでいます。

Relight Project
期 間 :2015年4月〜
場 所 :東京都港区六本木周辺
主 催  : NPO法人インビジブル、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

文化起業家

創業者支援を行なうStartup Hub Tokyoにて、事業を通じ新たな価値を創出すると同時に文化を創りだしていく起業家を「文化起業家」と定義し、様々な事業領域で活躍する「文化起業家」を招聘し、事業内容や創業の経緯、事業の先に見据えるビジョンについて伺うトークセッションの企画・コーディネートを行なっています。

これまでの登壇ゲスト(敬称略)

遠山正道(株式会社スマイルズ 代表取締役社長)、太下義之(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 芸術・文化政策センター主席研究員/センター長)、ドミニク・チェン (株式会社ディヴィデュアル共同創業者/NPOコモンスフィア理事)、内田友紀(株式会社リ・パブリック共同代表 / 都市デザイナー)、金森香(ファッションブランド『シアタープロダクツ』プロデューサーNPO法人『ドリフターズ・インターナショナル』理事)、遠藤謙(株式会社Xiborg代表取締役社長)、上田渉(株式会社オトバンク代表取締役社長)、よしおかゆうみ(一般社団法人アジアジュニアゴルフ協会 
思春期アスリートメンタルスクール主宰 心理サポーター 
株式会社プライム・ヒル 教育部門代表)、綿江 彰禅(一般社団法人芸術と創造 代表理事)、山内 真里(公認会計士・税理士/公認会計士山内真理事務所代表)、芹沢 高志(P3 art and environment 代表)、中島 佑介(limArt 代表, TOKYO ART BOOK FAIR ディレクター)、田村 篤史(株式会社ツナグム  代表取締役)、福元 成武(株式会社TANK 代表取締役)

文化起業家
日 時  :2017年1月〜
場 所  :Startup Hub Tokyo

カテゴリー: TALK

六本木アートナイト2016

「六本木のB面」をコンセプトに、多くの人びとでにぎわう六本木アートナイトの夜の中に、眠くなることや、人と話をすること、日の出とともに身体を動かすといった私達の日常の所作を組み込んだプロジェクト「アーティスト・ナイト・アウト」、「世界一眠いい芸術祭」、「クラシックなラジオ体操」の3つの企画をコーディネートしました。

六本木アートナイト2016
日 時  :2016年10月21日(金)-10月23日(日)
場 所  :六本木バール・デルソーレ、六本木ヒルズアリーナ



Cultural Cross Road = A.I.R

アーティスト・イン・レジデンスに関する、国際シンポジウムのコンセプト作成と企画コーディネートを行いました。

シンポジウムには国内外で活動するアート関係者に登壇いただき、アーティスト・地域プロデュース・文化政策の視点からトークセッションを開催。
複数の視点からアーティスト・イン・レジデンスを考える機会になりました。また、会場設計を米子を拠点に活動する米子建築塾に依頼し、シンポジウム会場を演出することで、会場内部でのコミュニケーションが生まれる環境をつくりました。

Cultural Cross Road = A.I.R 文化的交差点:地域と藝術が生み出すこれからの価値とは
日 時  :2015年11月28日(土)
場 所  :米子コンベンションセンター(BIG SHIP)