TEAM

林 曉甫

理事長/マネージング・ディレクター

1984年東京生まれ。立命館アジア太平洋大学アジア太平洋マネジメント学部卒業。卒業後、NPO法人BEPPU PROJECTに勤務し公共空間や商業施設などでアートプロジェクトの企画運営を担当。文化芸術を起点にした地域活性化や観光振興に携わる。2015年7月にアーティストの菊池宏子と共にNPO法人インビジブルを設立。International Exchange Placement Programme(ロンドン/2009 )、別府現代芸術フェスティバル2012「混浴温泉世界」事務局長(別府/2012)、鳥取藝住祭総合ディレクター(鳥取/2014,2015)六本木アートナイトプログラムディレクター(東京/2014~2016)、 Salzburg Global Forum for Young Cultural Innovators(ザルツブルク/2015)、女子美術大学非常勤講師(東京/2017)

Graduated from Ritsumeikan Asia Pacific University, Akio HAYASHI is a co-founder and runs an not-for-profit organization, inVisible, that develops art and creative placemaking based projects mainly in Japan with Hiroko KIKUCHI since 2015.  He had worked for the NPO BEPPU PROJECT including “Beppu Contemporary Art Festival 'Mixed Bathing World 2012’” as a Secretary-General, revitalizing the local community through arts and tourism whilst using public spaces and commercial venues. Other professional experiences include the Director for Tottori Artist in Residence Festival (Tottori Prefecture/2014,2015), the Program Director of Roppongi Art Night (Tokyo/2014,2015), and others. Currently, he lectures at Joshibi University of Art and Design.

菊池 宏子

クリエイティブ・ディレクター/アーティスト

東京生まれ。ボストン大学芸術学部彫刻科卒、米国タフツ大学大学院博士前期課程修了。米国在住20年を経て、2011年、東日本大震災を機に東京に戻り現在に至る。在学中よりフルクサスやハプニングなどの前衛芸術・パフォーマンスアート、社会彫刻的観念、またアートとフェミニズム、多文化共生マイノリティアートとアクティビズムなど、アートの社会における役割やアートと日常・社会との関係について研究・実践を続けている。MITリストビジュアルアーツセンター、ボストン美術館、あいちトリエンナーレ2013、森美術館など含む、美術館・文化施設、まちづくりNPO、アートプロジェクトにて、エデュケーション活動、ワークショップ開発・リーダーシップ/ボランティア育成など含むコミュニティ・エンゲージメント戦略・開発に従事。また、リライトプロジェクト(東京/2015〜)、天昌堂プロジェクト(新潟県/2016〜)、; 大山移住定住計画(鳥取県/2016〜)、苦瓜推進協議会:The National Bitter Melon Council (アメリカ/2004〜)、 寶藏巖農園肖像画計画(台湾/2003-2004)などを含む、アート・文化の役割・機能を生かした地域再生事業、ソーシャリーエンゲージドアートに多岐にわたり多数携さわってきている。その他武蔵野美術大学、立教大学兼任講師、一般財団法人World In Asia理事なども務めている。

Hiroko KIKUCHI is an artist, educator, and community & engagement designer. Her experiences extend from creating socially engaged art projects, to providing engagement based strategic direction and leading educational programs for arts and cultural institutions; management of programs for arts, culture, youth development and community-building, and design thinking for social change. She has worked for the MIT List Visual Art Center and the Museum of Fine Arts, Boston, and her consulting clients include the Washington DC Office of Planning, Boston Public Library Foundation, the Kentucky Foundation for Women, and Vietnamese American Civic Association. After she returns to Japan in 2011, she has been involved in developing projects for arts and cultural institutions, and community-building, and creative placemaking for social change in Japan and the US, including WAWA project, Aichi Triennale 2013, Mori Art Museum, and others. She lectures at Rikkyo University.

 

 

石川 聡子

事務局長

2007年京都造形芸術大学アートプロデュース学科卒業。2008年同大学立体工房施設ウルトラファクトリーにてディレクター・ヤノベケンジの下、アシスタントマネージャーとして立ち上げから運営に携わる。愛媛県出身。

SATOKO Ishikawa graduated from Kyoto University of Art and Design (KUAD) in Art Production. She worked as an assistant manager to launch KUAD’s Ultra Factory under director/artist Kenji Yanobe. Born in Ehime.

 

 

加藤 徹生

監事

World In Asia代表理事。アジア及び日本におけるベンチャー企業および非営利組織の事業開発に携わり、計27社の事業開発及び変革を支援。2011年、東日本大震災を契機にWorld In Asiaを立ち上げ、以降、東北、日本、アジアでの「社会的投資」を手がけてきた。AERA「アジアで勝つ日本人100人」に選定。著書に「辺境から世界を変える」(ダイヤモンド社 2011年)

 

 

室内 直美

アシスタント

東京都出身。アパレルメーカー勤務ののち、コミュニティデザイン、ソーシャルデザインを学ぶために大学へ進学。現在立教大学21世紀社会デザイン研究科在学中。Art Bridge Instituteインターンを経て現職。Relight Committee2015受講生