Pinsプロジェクト

professionals in School (Pins)

プロフェッショナル・イン・スクール プロジェクト(通称:PINSプロジェクト)は、2018年4月、東日本大震災・福島第一原発事故から7年ぶりに再開した福島県双葉郡富岡町に富岡町立小中学校を舞台に、各界のプロ、特にアーティスト、建築家、音楽家、職人などクリエイティブな職種の人が、「プロフェッショナル転校生」として、教室を仕事場としながら子供達と学校生活を共にする機会です。「教えない教育」を念頭に、知識や指導を過剰に許容したり、大人が教えすぎないことで、子供の観察・洞察力、そして彼らが持つ本来の発想力を能動的に見出す機会となることを願っています。ちなみに仕事場は校長室の隣にあり、また地域の方が集まったり、給食をとる場でもある多目的スペースとも隣接しているため、必然的に様々な立場の人の交流が生まれる学校のリビングルーム的な空間となっています。小中合わせて20人ほどの、再出発したばかりのこの学校を拠点に、場所特有の個性を生かした富岡町の未来を描くためにも、既存の枠の外で物事を考えることを得意とするクリエイティブな思考を持つ人たちが関わることは必要不可欠だと考えます。

NPO法人インビジブルは、4年ほど前から福島県双葉郡のふるさと創造学サミットのアドバイザーとして双葉郡に関わり、昨年、富岡町教育振興計画検討委員会(通称:富岡町のまなびを考える会)の委員長を務めた経緯があります。そして2018年8月、富岡町との包括連携協定を交わしました。今後も富岡町と連携をしながら「コミュニティの拠点となる学校」づくりを目指します。

プロフェッショナル転校生(2018年4月〜11月末頃)

転校生第1号は大工棟梁・林敬庸さん。震災前に防風林で倒れた樹齢350年ほどの黒松の存在を知った教育長が、再開の「証し」、そして未来に繋げるシンボルとして、この木材を活用した大きなテーブルをつくりたいという思いから、定期的に滞在しながら制作しています。子供達は、最低限の専門的な指導を受けるとともに、本物の技術や知恵、仕事に対する姿勢等に触れます。


パートナー 富岡町

DATE APRIL, 2018-