#PinS

インビジブルトークvol.1のレポートとPinSの報告書を公開しました。

025A8263.jpg

2018年12月3日(月)に開催した、インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PinSプロジェクト」の報告&交流会のレポートと、2018年のPinSの活動をまとめた報告書を公開しました。

当イベントでは、2018年度に福島県双葉郡富岡町で富岡町立小中学校で行われたプロフェッショナル・イン・スクール プロジェクト(通称:PinS)の活動報告が行われました。それを踏まえ、登壇した富岡町教育長の⽯井賢⼀氏、初年度の転校生を努めた建築家/大工の林敬庸氏、そしてプロジェクトディレクターの菊池がそれぞれの立場から、活動の背景、経緯、そして今までの成果、課題、今後の発展に必要なことを語り、またこの活動がなぜアートなのかなどを議論し、将来的なプロジェクトの発展を考察しました。パネルディスカッション終盤では、来場者からの質問、意見交換などを組み込みながらプロジェクトについて議論をした様子が記録されています。

また、報告書は写真を中心にPinSの取り組みをまとめたものになっており、記録写真を通じてPinSの取組みの一端をご覧いただければ幸いです。

レポートと報告書は下記のリンクよりダウンロードいただけます。ぜひご覧ください。