お知らせ

PinS 2019 スタートしました。

Image from iOS (1).jpg

「プロフェッショナル・イン・スクール プロジェクト(通称:PinS)」は、富岡町立第一小中学校を舞台に、各界のプロ、特にアーティスト/芸術家、建築家、音楽家、職人などクリエイティブな職種の人が、「プロフェッショナル転校生」として、教室を「仕事場」としながら子ども達と生活を共にし、作品制作をする機会として2018年に始まりました。

滞在制作を軸としたアーティスト・イン・レジデンスとも捉えられるこの活動は、学校という場所で、「教えない教育」を念頭に、知識や指導を過剰に許容したり、大人が教えすぎないことで、子供の観察・洞察力、そして彼らが持つ本来の発想力を能動的に見出す機会となることを願って活動しています。

今年度は、油絵画家の加茂 昂(かも あきら)が入学します。彼の仕事場は、校舎一階部分にある校⻑室の隣の教室で油絵画の作品を制作します。ここは、地域の方が集まり、給食をとる場でもある多目的スペースとも隣接しているため、必然的に様々な立場の人の交流が生まれる学校のリビングルーム的な空間でもあります。

2019年の新たな試み

NPO法人インビジブルは、富岡町と包括協定を結び、「コミュニティの拠点となる学校」づくりに取り組んでおり、今年度から、地域コミュニティへのつながりに寄与する「プロフェッショナル転校生」 を迎える活動も新たにスタートします。その転校生として、現代美術家の宮島達男(みやじま たつお)を迎えます。宮島は、2017年より行なっている「時の海-東北」の作品制作を中心に、富岡町⺠、富岡第一小中学校に通う児童・生徒と共に、数回にわたりワークショップを開催します。また、この機会を通じて、「その道のプロ」との交流やプロの技に直接触れることで、子ども達の視野が広がることを目的としています。

昨年に引き続き、場所特有の個性を生かした富岡町の未来を描くためにも、既存の枠の外で物事を考えることを得意とするアーティストやクリエイティブな思考を持つ人たちが関わることは必要不可欠だと考え活動を続けていきます。

活動概要
期間:2019年8月〜2020年3月
場所:富岡町立第一小中学校、富岡町文化交流センター学びの森
主催:NPO法人インビジブル
共催:富岡町教育委員会
協力:富岡町、ふたばいんふぉ/平山勉


参加アーティスト

加茂昂

1982年東京生まれ。東京芸術大学美術研究科絵画専攻修了。3.11後、「絵画」と「生き延びる」ことを同義に捉え、心象と事象を織り交ぜながら「私」と「社会」が相対的に立ち現われるような絵画作品を制作する。主な展覧会は、「境界線を吹き抜ける風」LOKO gallery(東京/2019)、 「追体験の光景」原爆の図丸木美術館(埼玉/2018)、「星座を想像するようにー過去、現在、未来」東京都美術館(東京/2019)「その光景の肖像」つなぎ美術館(熊本/2017)、「風景と肖像のあいだ」island JAPAN(東京/2017)、「追体験の絵画」広島芸術センター(広島/2017)、「土に死を生ける」 橘画廊(東京/2016)、「対馬アートファンタジア2016」(⻑崎/2016)、「航行と軌跡」国際芸術センター⻘森(⻘森/2015)、「VOCA展2015」上野の森美術館(東京/2015)、「Wall Art Festival 2014」アシュラムスクール(インド/2014)、「醤油倉庫レジデンスプロジェクト春会期」瀬戶内国際芸術祭2013・小豆島醤油倉庫(香川/2013)、「【絵画】と【生き延びる】」island MEDIUM(東京/ 2012)、など。

20141120 at Lisson Gallery Milano by the gallery

宮島達男

現代美術家。東京藝術大学大学院修了(1986年)。1988年ヴェネ ツィア・ビエンナーレ、新人部門に招待され、デジタル数字を用いた作品で国際的に注目を集める。以来、国内外で数多くの展覧会を開催。世界30カ国250か所以上で作品を発表している。1997年ジュネーブ大学コンペティション優勝。1998年第5回日本現代芸術振興賞受賞。1998年ロンドン芸術大学名誉博士授与。

2006-2016年 東北芸術工科大学副学⻑。2012-2016年 京都造形芸術大学副学⻑。代表作に「メガ・デス」など。また、⻑崎で被爆した柿の木2世を世界の子どもたちに育ててもらう活動、「時の蘇生・柿の木プロジェクト」も推進している。

http://tatsuomiyajimastudio.com

インビジブルの林がモデレーターとして登壇します。

画像: 公式サイト のトップページ

画像:公式サイトのトップページ

6/4にStartup Hub Tokyoで開催されるトークイベント「SDGs×起業 #01 未来につなぐ価値ある街づくりの方法」にインビジブルの林がモデレーターとして登壇します。ゲストは、ライゾマティクス株式会社代表取締役の齋藤精一さん。今回は都市やコミュニティ開発においてアートプロジェクトを取り入れることでどのように、未来に残る魅力ある街づくりを構築できるかを考えていきます。トークイベントの詳細や申し込み方法は下記のWEBサイトをご覧ください。

ーーー

SDGs×起業 #01 未来につなぐ価値ある街づくりの方法

https://startuphub.tokyo/event/20190604e1

六本木アートナイト2019で2つのプロジェクトを発表します。

撮影:加藤甫

撮影:加藤甫

インビジブルは、2019年5月25日(土)〜26日(日)に開催される「六本木アートナイト2019」で、以下の2つのプロジェクトを発表します。六本木アートナイトは開催シーズンが秋から春に移行し、終日過ごしやすい気候の中で様々なアートプロジェクトを楽しむことができるアートイベントですす。ぜひこの機会に足をお運びいただき、都市で行われるアートの祝祭をお楽しみください!

ーーー

日本フィルハーモニー交響楽団×インビジブル「クラシックなラジオ体操」

http://www.roppongiartnight.com/2019/programs/12192

六本木ヒルズ・森美術館 まちと美術館のプログラム「紡音プロジェクト」

http://www.roppongiartnight.com/2019/programs/12218

インビジブルトークvol.1のレポートとPinSの報告書を公開しました。

025A8263.jpg

2018年12月3日(月)に開催した、インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PinSプロジェクト」の報告&交流会のレポートと、2018年のPinSの活動をまとめた報告書を公開しました。

当イベントでは、2018年度に福島県双葉郡富岡町で富岡町立小中学校で行われたプロフェッショナル・イン・スクール プロジェクト(通称:PinS)の活動報告が行われました。それを踏まえ、登壇した富岡町教育長の⽯井賢⼀氏、初年度の転校生を努めた建築家/大工の林敬庸氏、そしてプロジェクトディレクターの菊池がそれぞれの立場から、活動の背景、経緯、そして今までの成果、課題、今後の発展に必要なことを語り、またこの活動がなぜアートなのかなどを議論し、将来的なプロジェクトの発展を考察しました。パネルディスカッション終盤では、来場者からの質問、意見交換などを組み込みながらプロジェクトについて議論をした様子が記録されています。

また、報告書は写真を中心にPinSの取り組みをまとめたものになっており、記録写真を通じてPinSの取組みの一端をご覧いただければ幸いです。

レポートと報告書は下記のリンクよりダウンロードいただけます。ぜひご覧ください。

「六本木ヒルズ 春まつり 2019」で楽器づくり

昨年の様子 photo by 呉 鄭蓉子

昨年の様子 photo by 呉 鄭蓉子

2018年、NPO法人インビジブルが企画協力として関わった「紡木(つむき)プロジェクト」に引き続き、さまざまな背景をもつ人が集まるこの街で、六本木にゆかりのある方々と一緒に作り上げる参加型アートプロジェクト「つむぐプロジェクト(仮称)~みんなの声を形にしよう~」を進めています。

今年はアーティストの西原尚さんをお迎えし「音で六本木をつむぐ」ことをテーマにしながら、数ヵ月間にわたり対話や音を軸にしたワークショップを実施し、参加者同士、そして一般の方々との関係を深めていくプロジェクトに取り組みます。

そのプロジェクトの一環として、今週末の4月6日(土)と7日(日)の2日間、六本木ヒルズ春まつりの会場にて楽器づくりのワークショップを開催します。お花見と合わせて、ぜひご参加ください。お待ちしています。

詳細はこちら↓

「六本木ヒルズ 春まつり 2019」で楽器づくり

2018年の「紡木プロジェクト」の映像