#community

PinSプロジェクト/Professionals in School Project

DSCF4468.JPG

プロフェッショナル・イン・スクール プロジェクト(通称:PinSプロジェクト)は、2018年4月、東日本大震災・福島第一原発事故から7年ぶりに再開した福島県双葉郡富岡町に富岡町立小中学校を舞台に、各界のプロ、特にアーティスト、建築家、音楽家、職人などクリエイティブな職種の人が、「プロフェッショナル転校生」として、教室を仕事場としながら子供達と学校生活を共にする機会です。「教えない教育」を念頭に、知識や指導を過剰に許容したり、大人が教えすぎないことで、子供の観察・洞察力、そして彼らが持つ本来の発想力を能動的に見出す機会となることを願っています。ちなみに仕事場は校長室の隣にあり、また地域の方が集まったり、給食をとる場でもある多目的スペースとも隣接しているため、必然的に様々な立場の人の交流が生まれる学校のリビングルーム的な空間となっています。小中合わせて20人ほどの、再出発したばかりのこの学校を拠点に、場所特有の個性を生かした富岡町の未来を描くためにも、既存の枠の外で物事を考えることを得意とするクリエイティブな思考を持つ人たちが関わることは必要不可欠だと考えます。

NPO法人インビジブルは、4年ほど前から福島県双葉郡のふるさと創造学サミットのアドバイザーとして双葉郡に関わり、昨年、富岡町教育振興計画検討委員会(通称:富岡町のまなびを考える会)の委員長を務めた経緯があります。そして2018年8月、富岡町との包括連携協定を交わしました。今後も富岡町と連携をしながら「コミュニティの拠点となる学校」づくりを目指します。

プロフェッショナル転校生(2018年4月〜11月)

転校生第1号は大工棟梁・林敬庸さん。震災前に防風林で倒れた樹齢350年ほどの黒松の存在を知った教育長が、再開の「証し」、そして未来に繋げるシンボルとして、この木材を活用した大きなテーブルをつくりたいという思いから、定期的に滞在しながら制作を行いました。子供達は、最低限の専門的な指導を受けるとともに、本物の技術や知恵、仕事に対する姿勢に触れていきます。

PinSプロジェクトに関するトークイベントを2018年12月3日に行いました。トークイベントの内容は下記のリンクをご覧ください。

インビジブルトークvol.1

クレジット

プロジェクトパートナー: 富岡町

ディレクション: 菊池宏子(インビジブル)

コーディネート: 赤司展子(インビジブル)

プロジェクトメンバー(転校生): 林敬庸(大工)

問ひ屋プロジェクト/TOIYA PROJECT

tl_157.jpg

「問ひ屋プロジェクト」は、2017年7月〜2018年3月まで群馬県高崎市にある日本で最初の卸商業団地「高崎問屋街」50周年記念事業の一環としてスタートした、アーティストと問屋街の人々の間で生まれた対話や信頼関係を基に築きあげるプロセスを重視した参加型アートプロジェクトです。

鎌倉時代に起源を持つ「問ひ屋」。それは、売り手、買い手の間でその問いかけを積み重ね、解決させて成り立つ商いであり、問屋(とんや)は、問い屋(といや・とひや)が江戸時代になって転じた言葉です。私たちは、問屋という言葉の成り立ちを参照しつつ、「問い」という行為がきっかけとなり新たな価値を創造することこそが未来の資産になるという思いを込めて「問ひ屋プロジェクト」と名付け、プロジェクトを実施しました。

クレジット

クライアント: 高崎卸商社街協同組合

ディレクション: インビジブル

プロジェクトメンバー: 家入健生(プロジェクトマネジメント)、今井俊介(アーティスト)、松野由夏(建築家)、林敬庸(大工)、山田悠(アーティスト)

写真撮影: 木暮伸也

編集: 市川照予

デザイン: 中西 要介、中澤 耕平(ロゴデザイン)、竹田 大純(ウェブサイト)

紡木プロジェクト/Tsumuki Project-Weaving voices-

41206218422_7153d5156a_z.jpg

15周年を迎えた六本木ヒルズの一角は昔、木材流通の拠点として材木商が多く住んでいた地域で あり、「麻布材木町」という名称を持っていました。そして、六本木という街の発展と変化を歩み、この街をふるさとと呼ぶ方々が、様々な コミュニティを形成しながら、今でも生活を営んでいます。

改めて、このような街の軌跡や歴史を振り返りながら、ここで暮らす ひと、働くひと、六本木にゆかりのある35名から構成されるコアメンバーと共に、アーティスト、建築家、大工と協働で、15周年の節目となる参加型アートプロジェクトを構想し、活動してきました。参加者と共にこのプロジェクトを六本木という街への思いをつむぐという意味を込め、「紡木(つむき)プロジェクト」と名付け、より多くの方々の声を束ねていくひとつのシンボルを制作しました。

Commemorating the 15th anniversary of Roppongi Hills, a series of community engagement based workshops to "weave" thoughts on the community's past and future with 35 community members including those who have lived and worked in the Roppongi Hills and even ones who are curios about its future. Held from February to July, 2018, we had opportunities to present the work-in-progress/participatory project at the venue of “Roppongi Hills Spring Festival 2018”and "Roppongi Art Night 2018." everyone can join in the project. 

クレジット

クライアント: 森美術館、株式会社森ビル(まちと美術館のプログラム)

ディレクション: 菊池宏子(インビジブル)

プロジェクトメンバー: 松野由夏(建築家)、林敬庸(大工)、呉鄭蓉子(インターン)

写真撮影: 田山 達之、 木暮伸也