菊池宏子

クリエイティブディレクター

東京生まれ。ボストン大学芸術学部彫刻科卒、米国タフツ大学大学院博士前期課程修了。米国在住20年を経て、2011年、東日本大震災を機に東京に戻り現在に至る。在学中よりフルクサスやハプニングなどの前衛芸術・パフォーマンスアート、社会彫刻的観念、またアートとフェミニズム、多文化共生マイノリティアートとアクティビズムなど、アートの社会における役割やアートと日常・社会との関係について研究・実践を続けている。MITリストビジュアルアーツセンター、ボストン美術館、あいちトリエンナーレ2013、森美術館など含む、美術館・文化施設、まちづくりNPO、アートプロジェクトにて、エデュケーション活動、ワークショップ開発・リーダーシップ/ボランティア育成など含むコミュニティ・エンゲージメント戦略・開発に従事。また、リライトプロジェクト(東京/2015~)、天昌堂プロジェクト(新潟県/2016~)、; 大山移住定住計画(鳥取県/2016~)、苦瓜推進協議会:The National Bitter Melon Council (アメリカ/2004~)、 寶藏巖農園肖像画計画(台湾/2003-2004)などを含む、アート・文化の役割・機能を生かした地域再生事業、ソーシャリーエンゲージドアートに多岐にわたり多数携さわってきている。その他武蔵野美術大学、立教大学兼任講師、一般財団法人World In Asiaなども務めている。 HIROKO Kikuchi is an artist, educator, and community & engagement designer. Her experiences extend from creating socially engaged art projects, to providing engagement based strategic direction and leading educational programs for arts and cultural institutions; management of programs for arts, culture, youth development and community-building, and design thinking for social change. She has worked for the MIT List Visual Art Center and the Museum of Fine Arts, Boston, and her consulting clients include the Washington DC Office of Planning, Boston Public Library Foundation, the Kentucky Foundation for Women, and Vietnamese American Civic Association. In Japan, her work experiences include WAWA project, Aichi Triennale 2013, and Mori Art Museum. She lectures at Rikkyo University. She advises for Mirai Tree and other educational and community organizations.