invisible playcity -都市は見えない遊び場展

invisible playcity

生活者・労働者・観光客など様々な人が往来する都市には、日々変化するユニークな企業広告や、各国のレストランから漂う香ばしい料理の匂い、そしてJ-POPやJAZZなどの音楽など、常に五感を刺激するにぎやかな情報が溢れています。この賑やかな空間をひとつの「遊び場」と見立てた時、私たちはどのような楽しみを見つけられるでしょうか。

インビジブルは2018年に開催された「六本木アートナイト2018」にて、都市を舞台に参加型作品やプロジェクトを発表する3組のアーティストによる展覧会「inVisible Playcity ー都市は見えない遊び場ー」を企画しました。この展覧会では、バカバカしくて思わず笑ってしまうプロジェクトや、人の嗅覚や味覚を通じて自分の記憶を思い出させる作品を紹介し都市の楽しみ方を提案しました。


アーティスト 井上尚子、Catherine D'lgnazio、 苦瓜推進協議会

グラフィックデザイン 土屋勇太

会場構成 R.S

写真撮影 木暮伸也

DATE MAY, 2018

CLIENT 六本木アートナイト実行委員会