インビジブルの林がモデレーターとして登壇します。

画像: 公式サイト のトップページ

画像:公式サイトのトップページ

6/4にStartup Hub Tokyoで開催されるトークイベント「SDGs×起業 #01 未来につなぐ価値ある街づくりの方法」にインビジブルの林がモデレーターとして登壇します。ゲストは、ライゾマティクス株式会社代表取締役の齋藤精一さん。今回は都市やコミュニティ開発においてアートプロジェクトを取り入れることでどのように、未来に残る魅力ある街づくりを構築できるかを考えていきます。トークイベントの詳細や申し込み方法は下記のWEBサイトをご覧ください。

ーーー

SDGs×起業 #01 未来につなぐ価値ある街づくりの方法

https://startuphub.tokyo/event/20190604e1

六本木アートナイト2019で2つのプロジェクトを発表します。

撮影:加藤甫

撮影:加藤甫

インビジブルは、2019年5月25日(土)〜26日(日)に開催される「六本木アートナイト2019」で、以下の2つのプロジェクトを発表します。六本木アートナイトは開催シーズンが秋から春に移行し、終日過ごしやすい気候の中で様々なアートプロジェクトを楽しむことができるアートイベントですす。ぜひこの機会に足をお運びいただき、都市で行われるアートの祝祭をお楽しみください!

ーーー

日本フィルハーモニー交響楽団×インビジブル「クラシックなラジオ体操」

http://www.roppongiartnight.com/2019/programs/12192

六本木ヒルズ・森美術館 まちと美術館のプログラム「紡音プロジェクト」

http://www.roppongiartnight.com/2019/programs/12218

インビジブルトークvol.1のレポートとPinSの報告書を公開しました。

025A8263.jpg

2018年12月3日(月)に開催した、インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる「PinSプロジェクト」の報告&交流会のレポートと、2018年のPinSの活動をまとめた報告書を公開しました。

当イベントでは、2018年度に福島県双葉郡富岡町で富岡町立小中学校で行われたプロフェッショナル・イン・スクール プロジェクト(通称:PinS)の活動報告が行われました。それを踏まえ、登壇した富岡町教育長の⽯井賢⼀氏、初年度の転校生を努めた建築家/大工の林敬庸氏、そしてプロジェクトディレクターの菊池がそれぞれの立場から、活動の背景、経緯、そして今までの成果、課題、今後の発展に必要なことを語り、またこの活動がなぜアートなのかなどを議論し、将来的なプロジェクトの発展を考察しました。パネルディスカッション終盤では、来場者からの質問、意見交換などを組み込みながらプロジェクトについて議論をした様子が記録されています。

また、報告書は写真を中心にPinSの取り組みをまとめたものになっており、記録写真を通じてPinSの取組みの一端をご覧いただければ幸いです。

レポートと報告書は下記のリンクよりダウンロードいただけます。ぜひご覧ください。

「六本木ヒルズ 春まつり 2019」で楽器づくり

昨年の様子 photo by 呉 鄭蓉子

昨年の様子 photo by 呉 鄭蓉子

2018年、NPO法人インビジブルが企画協力として関わった「紡木(つむき)プロジェクト」に引き続き、さまざまな背景をもつ人が集まるこの街で、六本木にゆかりのある方々と一緒に作り上げる参加型アートプロジェクト「つむぐプロジェクト(仮称)~みんなの声を形にしよう~」を進めています。

今年はアーティストの西原尚さんをお迎えし「音で六本木をつむぐ」ことをテーマにしながら、数ヵ月間にわたり対話や音を軸にしたワークショップを実施し、参加者同士、そして一般の方々との関係を深めていくプロジェクトに取り組みます。

そのプロジェクトの一環として、今週末の4月6日(土)と7日(日)の2日間、六本木ヒルズ春まつりの会場にて楽器づくりのワークショップを開催します。お花見と合わせて、ぜひご参加ください。お待ちしています。

詳細はこちら↓

「六本木ヒルズ 春まつり 2019」で楽器づくり

2018年の「紡木プロジェクト」の映像

プロフェッショナル・イン・スクール 2018の活動記録集が完成しました。

IMG_3064.jpg
IMG_3065.jpg
IMG_3067.jpg

2018年に富岡町(福島県)で展開した、プロフェッショナル・イン・スクール(PinSプロジェクト)の報告書が完成しました。今回作成した活動記録集は、プロジェクトの実施過程で撮影した写真を中心に、12月3日に東京都内で開催したトークイベント「インビジブルトークvol.1:学校がコミュニティの拠点になる『PINSプロジェクト』の報告&交流会」の中での言葉を引用しながら、活動過程をまとめた冊子を制作しました。

なお、トークイベントの内容は2019年3月末までに当WEBサイトで公開いたします。